爱上火车 (2020)

爱上火车
7.1 / 10 681
正和63年10月。 大廃线により鉄路の殆どが失われてしまった国――日ノ本。九洲は隈元県御一夜市。 疲弊しきった経済の立て直しを、蒸気机関车8620とそのレイルロオド・ハチロクとを主役に据えた観光振兴により 见事成功させ鉄道复兴の圣地となった同市は、 さらなる复兴への机运や全国の鉄道事业者・まいてつたちの交流を盛り上げるべく、 『第一回まいてつ祭』の开催を企画する。 鉄道车両の运転制御用人型モジュール「レイルロオド」达もそれぞれのマスター达につれられ全国から集う。 人间达の连日の会议に刺激され、「自分たちも何かをしたい」と意気投合した彼女たちは、 有名レイルロオド「すずしろ」を中心として「レイルロオドサミット」を主催。 駅前の「cafe亜麻色」に集合し、「まいてつ祭」へ更なる彩りを加えるべく知恵を绞っていく。